【乗り換えるならどっち?】UQモバイルとマイネオを比較してみた!

U子
UQモバイルかmineo(マイネオ)に乗り換えようと思ってんだけど、どっちがいいのかしら?

連日のようにTVCMが流れている「mineo」「UQモバイル」ですが、「乗り換えるならどちらを選ぶべきか?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

どうせ乗り換えるなら自分に合ったモバイルサービスを選びたいですよね。

この記事ではUQモバイルかmineo(マイネオ)のどちらかで乗り換えに悩んでいる方へ、両プランの特徴や魅力を紹介したいと思います。

【特徴】UQモバイルとマイネオ乗り換えるならどっち?

まずはざっくりとではありますが、両プランの特徴を紹介したいと思います。

UQモバイルの特徴は?

UQ mobileの特徴
  • 通信品質は業界トップクラス
  • 無料通話とネット込みのプランがある
  • 「マンスリー割」で端末が安く購入できる
  • UQ家族割で500円割引
  • 節約モードでデータ消費量ゼロ
  • 無料Wi-Fiスポット「Wi2 300 for UQ mobile」が使える
  • テザリング機能が月額料金無料、申し込み不要で使える
  • UQゼロ学割で月額基本料最大3ヵ月無料

UQモバイル最大のセールスポイントは通信品質の高さにあります。昼の時間帯はインターネットの利用者が急激に増えるので、大手携帯会社の通信回線を間借りしている格安モバイルサービスは通信速度が遅くなると言われています。

そんな中UQモバイルは昼の時間帯でも通信速度が落ちることなく利用できます。UQモバイルを使っている私でも昼の時間帯は特に遅いと感じたことがなく、ストレスフリーで使うことができています。

インターネットが遅いとイライラするような方やゲームをマルチプレイでやる方には、通信品質が業界トップクラスのUQモバイルが良いかと思われます。

他にも、無料通話とネット込みのプランがあったり、家族割、端末割引、学割など様々なキャンペーンを実施しているのがUQモバイルの特徴です。

U子
いろんなキャンペーンがあるのは、ユーザーにとっては嬉しいわね。

UQモバイルに乗り換えることで得する人は

  • 通信速度を重視している方
  • 無料通話とネット込みで使いたい方
  • 色んなサービスを受けたい方

こんな方におすすめしたいです。

>>UQ mobile公式サイトへ


mineo(マイネオ)の特徴は?

mineo(マイネオ)の特徴
  • docomoユーザー&auユーザーなら簡単に乗り換えられる
  • 選べるデータ容量が豊富
  • 通信速度が切り替えられる「mineoスイッチ」搭載
  • 国内通話が5分かけ放題(オプション)
  • 「フリータンク」で1GB/月が無料で貰える
  • 余ったパケット通信料は翌月へ繰り越し可能
  • 最低利用期間がないので違約金が発生しない
  • 家族割で月額基本料から50円引き
  • 「マイネ王」によりサポートが充実

mineo(マイネオ)の強みと言えばdocomo回線とau回線の2つの回線を提供している点にあります。

U子
docomo回線とau回線を提供していると何がいいのかしら?
Q太
ざっくり言ってしまえばdocomoユーザーとauユーザーであれば乗り換えが凄く簡単ということです。

UQモバイルはau回線を借りてサービスを提供しているのでauのスマートフォンをそのまま使うことができます。(auのVoLTE対応端末を利用される場合にはSIMロック解除が必要)

docomoやSoftbankのスマートフォンをUQモバイルで使うことは可能ですが、対応機種が少なくSIMロック解除と呼ばれる作業が必要になります。

mineo(マイネオ)はau回線とdocomo回線を提供しており、auユーザーとdocomoユーザーにとっては対応機種が豊富にあるので、乗り換えるには都合がいいモバイルサービスと言えます。

mineo(マイネオ)の「フリータンク」と呼ばれるサービスも、他社にはないサービスです。このフリータンクはマイネオのユーザー同士でデータ通信量をシェアできるもので、データ通信量が余ったら寄付することができ、足りなくなったら引き出すことができる面白いサービスです。

この他のにも「マイネ王」と呼ばれる公式のコミュニティがあります。乗り換えの際の心配ごとや不安など、分からないことをここで質問すればマイネオユーザーたちが答えてくれます。

マイネオユーザー視点からの答えなので、非常に分かり易く、為になる情報を得ることができるので、乗り換え初心者には最適なサービスです。

UQモバイルに比べ料金プランの種類がたくさんあるので、自分のスタイルにあったデータ容量を選ぶことができます。仮にデータ容量が足りなくなったとしても、さきほどのフリータンクを利用するなどすれば十分にやり繰りすることができます。

U子
ユーザー同士の助け合いがあるから、乗り換え初心者にはmineoはおすすめみたいね。
mineo(マイネオ)に乗り換えることで得する人は

  • au/docomoユーザーでスマホを安く使いたい方
  • mineoに自分に合ったデータ容量がある方
  • サポート重視の方

こんな方におすすめしたいです。

>>mineo公式ページへ



UQモバイルとmineo(マイネオ)どっちがお得?料金プランを比較!

U子
UQモバイルとマイネオってどっちが安いのかしら?

やっぱり気になるは料金ですよね。サービスやキャンペーンを抜きにした時、UQモバイルとマイネオとではどちらが安く使えるのでしょうか。

UQモバイルの料金プランを紹介

【SIMカード専用プラン】
【ぴったり・おしゃべりプラン】

UQモバイルの料金プランには「SIMカード専用プラン」と「ぴったりプラン・おしゃべりプラン」があります。この両プランの違いは付加サービスにがあります。

SIMカード専用プラン」は音声通話(電話)とデータ通信(インターネット)ができるだけで、他のサービスが一切付いていないシンプルなプランです。契約期間は1年間で、期間内の解約は契約解除料9,500円が発生します。

データ容量は3GBか無制限の2つから選ぶことになり、3GB以上使う方であれば必然的に無制限プランを選ぶことになります。

無制限といっても通信速度が500Mbpsに制限されるため、高画質の動画や速い通信速度を必要とするゲームアプリなんかにはちょっと厳しいのです。快適に利用したいのであれば高速でデータ通信ができる「ぴったりプラン」か「おしゃべりプラン」の6GBか14GBがおすすめです。

ぴったりプラン・おしゃべりプラン」は無料通話もしくは5分かけ放題が最初から付いているプランです。TVCMでよく目にする「イチキュッパ」とか「イチヨンパ」がこのプランに該当します。

先ほどのSIMカード専用プランよりも料金が割高になってしまいますが、端末割引が受けられる「マンスリー割」や「UQ家族割」、「UQゼロ学割」などの付加サービスを受けることができます。

契約期間は2年間で、期間内の解約は契約解除料として9,500円が発生します。

Q太
UQモバイルで新しいスマートフォンを購入する方は、端末割引(マンスリー割)が付いた「ぴったりプラン・おしゃべりプラン」にした方がお得に乗り換えることができます。

手持ちのスマートフォンで乗り換えるなら「SIMカード専用プラン」、スマホセットで乗り換えるのであれば端末割引が付く「ぴったりプラン・おしゃべりプラン」が最適です。

U子
乗り換え方法によって契約プランを考えた方がよさそうね。

mineo(マイネオ)の料金プランを紹介

【auプラン】
【ドコモプラン】

シングルタイプとデュアルタイプがありますが、シングルタイプ(データ通信のみ)の契約はインターネットしかできません。基本的に電話とインターネットが使えるデュアルタイプ(データ通信+音声通話)を選んでいただけたらいいかと思います。

U子
ネットと電話が必要ならデュアルタイプを選べばいいのね。

mineoはデータ容量の種類が多いから、自分に合ったプランを選べるわね。

プランの種類だけ言えばUQモバイルよりも多いです。500MB/1GB/3GB/6GB/10GB/20GB/30GBと自分にとって最適なデータ容量を選ぶことができます。

ほとんどスマホをいじらない方であれば、月のデータ消費量が1GBもいかない方もいます。マイネオでは500MBや1GBと細かなデータ容量から契約できるので、一部のユーザーにとっては損なく乗り換えることができます。

マイネオには契約期間がありません。ただし、利用開始月の翌月から12カ月以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合は、MNP転出手数料として12,420円(税込)が発生します。

U子
解約する分には違約金は発生しないけど、他社へ乗り換える(MNP)と12,420円がかかっちゃうのね。

で、結局どっちが安いのかしら?

UQモバイルで1番安い料金プランは1,680円/月のデータ容量3GBです。それと同等のmineoのデュアルタイプ3GBの金額はauプランは1,510円/月、ドコモプランは1,600円/月でサービスが利用できます。

微々たるものですが、auプランなら170円、docomoプランなら80円ほど安くなります。料金の安さだけ言えばmineoの方に軍配が上がります。

UQモバイルは「ぴったりプラン・おしゃべりプラン」は家族割で500円割引や無料通話付きなどサービスが充実しています。一見、お得なような気がしますが、その分月額料金が他社に比べ割高な傾向にあります。

手持ちのスマートフォンをただ単に安く使いたいのであればmineoの方がおすすめです。選べるプランもたくさんあるので、ユーザービリティは高いと思います。

UQモバイルのサービス内容は?

5分かけ放題か無料通話か選べる

mineo(マイネオ)には有料(850円/月)の「10分かけ放題」があるのに対して、UQモバイルには無料通話と5分かけ放題が標準で付いているプランがあります。

国内通話が5分かけ放題の「おしゃべりプラン」と無料通話(60分~180分/月)の「ぴったりプラン」があり、月額料金1,980円から利用可能です。

オプションで追加料金を支払うのに抵抗がある方にとっては、標準で無料通話か5分かけ放題が付いているのは嬉しいのではないでしょうか。

しかも、

この両プランは毎月変更(無料)が可能で、自分のライフスタイルに合った変更ができます。「今月は5分かけ放題だけど、来月は長期休暇があるから無料通話に変更しよう」なんて賢い使い方もできます。

他社との差別化を図った面白いサービスです。

節約モードでデータ消費ゼロ

UQモバイルでは「節約モード」、マイネオでは「mineoスイッチ」と呼ばれるデータ消費量をゼロに抑えることができる機能が備わっています。この機能を使えばどれだけインターネットをしてもデータ容量が減ることがありません。

通信速度を制限することでこのデータ消費量ゼロを実現していますが、mineoスイッチの通信速度が200Mbpsに対し、UQモバイルの節約モードは300Mbpsで通信速度ができるようになっています。(ぴったりプラン・おしゃべりプラン契約時)

この100Mbpsの差があるだけで、低画質ではありますがUQモバイルではデータ消費量ゼロで動画を観ることが可能です。

実際にこの節約モードで動画視聴やWebサイト閲覧などを行った記事がこちらUQモバイルの節約モードで動画再生やスマホゲームは可能なのか!?に記載してあるので参考にしてみて下さい。

マンスリー割で端末が108円で買える!?

UQモバイルではスマートフォンとSIMカードがセットになったスマホセットが購入が可能です。しかし、高い端末代金はユーザーにとっては痛い出費ですよね。

UQモバイルでは「マンスリー割」という割引制度があり、ぴったりプランかおしゃべりプランの契約者であれば購入機種に応じた金額を月額基本料金から割引いてくれます。

機種によっては108円で端末を購入することも可能なので、新しいスマートフォンが欲しい方にとっては嬉しい割引制度です。

UQ家族割で500円割引

UQモバイルとmineo(マイネオ)には家族割があります。mineo(マイネオ)の割引額が50円に対し、UQモバイルの割引額は500円と10倍ほど高くなっています。

家族で乗り換えるのなら、UQモバイルの方が家族割の恩恵を多く受けることができます。今現在、家族のなかにUQモバイルユーザーがいるなら、ぜひとも活用したいサービスです。

mineo(マイネオ)のサービス内容は?

フリータンクで助け合い

個人的に面白いなと思ったのがこの「フリータンク」です。

マイネオではフリータンクと呼ばれる皆で共有できるタンクのような物があります。このタンクには余ったパケットを入れたり、毎月1GBまでなら分けてもらうことができます。

寄付という形ではありますが、中には数GB単位で寄付しているユーザーもおり、公式サイトでは物凄い量のパケットが寄付されているのが確認できます。

パケットギフトでプレゼント

余ったパケットを友人にギフトとして贈れるのが「パケットギフト」です。特定の相手へ自身のパケットを贈ることができたり、受け取ることができます。

マイネオにはauプランとdocomoプランと2つのプランがあります。一見するとパケットの受け渡しができなさそうに思えますが、auプランとdocomoプラン間でもパケットギフトが可能です。

コミュニティサイトの「マイネ王」でもパケットギフトの交換を募ることができるので、マイネオユーザーが身近にいない方は試してみるのもいいもしれません。

7つのデータ容量から選べる

先ほどもお伝えしましたが、mineo(マイネオ)は選べるデータ容量が多いです。

UQモバイルにも3GB以上の料金プランはありますが、料金が割高のぴったり・おしゃべりプランの6GBか14GBしかありません。

この6~14GBの間のデータ容量を使うユーザーだと、6GBを契約してデータチャージするか、料金が高い14GBを契約する必要があります。しかし、マイネオであれば間の10GBという選択肢ができるので、データ容量を無駄なく使うことができます。

お金を払ってデータチャージをするか、もしくは使いもしないデータ容量にお金を払うくらいなら、7つのデータ容量から最適なプランを利用できるマイネオはユーザービリティが高いです。

データ容量の繰り越し&パケットシェア

マイネオでは余ったデータ容量は翌月へ繰り越すことができます。データ容量の繰り越しはUQモバイルにもありますが、マイネオではこの繰り越したデータ容量を家族間でシェアすることができます。

例えば当月に家族全員のデータ容量が合計で600MB余ったとします。翌月に繰り越された600MBは家族でシェアすることができ誰でも使うことができます。

繰り越されたデータ容量は翌月で消滅してしまいます。どうせ消滅してしまうようなデータ容量であれば、家族の誰かが使ってしまった方が無駄ではありませんよね。

ここにもマイネオの特徴であるユーザー同士の繋がりが垣間見えますよね。

UQモバイルとmineo(マイネオ)乗り換えるならどっち?

UQモバイルに乗り換えるべき人

  • auから乗り換えたい
  • 無料通話とネット込みで使いたい
  • インターネットをストレスなく使いたい
  • 端末割引でスマートフォンを安く購入したい
  • 家族割や学割を活用したい(ファミリー向け)
  • 無料Wi-Fiスポットやテザリングなどの付加サービスを使いたい

大手携帯会社から格安モバイルサービスへ乗り換える際、ネックになるのが通信速度です。大手携帯会社のような感覚でスマートフォンを使いたいのであれば、通信速度業界トップクラスの速さを誇っているUQモバイルを選ぶべきです。

また、ぴったり・おしゃべりプランの契約であれば標準で無料通話が付くので、人並みに電話をする方にとってはメリットと言えます。

他にも端末割引が付くマンスリー割が適用されるので、スマートフォンを新しく購入予定の方にとっては金銭的面で負担を減らすことができます。

家族割や学割などのファミリー向けの付加サービスも受けることができます。家族割であれば毎月ずっと500円割引がされるので、プランSなら1,480円(イチヨンパ)で使い続けることも可能です。

通信速度重視の方、無料通話とネット込みで使いたい方、付加サービスを使いたい方、主にこの3点に当てはまる方はUQモバイルへ乗り換えるべきと言えます。

>>UQ mobile公式サイトへ


mineo(マイネオ)に乗り換えるべき人

  • au、docomoから安く乗り換えたい
  • UQモバイルよりも安く使いたい
  • 手持ちのスマートフォンをそのまま使いたい
  • 契約期間に縛られたくない
  • 自分に最適なデータ容量がある
  • フリータンクやパケットギフトを使いたい
  • ユーザー同士の繋がりに魅力を感じる

通信速度を重視しているユーザーもいるかもしれませんが、それ以上に利用料金の安さを重視している方もいるのではないでしょうか。

通信速度が速くても普段からインターネットを使わないユーザーからしてみれば、そこまで重視することでもありませんし、それだったら料金が安いmineo(マイネオ)を選ぶべきです。

UQモバイルよりもデータ容量の種類が断然多いので、自分にとって最適なプランを選択することができます。ですから、データ容量を無駄なく使える点もユーザービリティが高いといます。

格安モバイルサービスへ初めて乗り換える方にとっては様々な不安があると思います。mineo(マイネオ)ではフリータンクやマイネ王などのユーザー同士の助け合いがあるので、サポート面ではUQモバイルよりも優れています。

スマホを安く使いたい方、安定した通信速度、サポートの充実などバランスの取れたモバイルサービスを利用したい方はmineo(マイネオ)へ乗り換えるべきと言えます。

>>mineo公式ページへ



\ 【UQmobile公式サイト】/
UQmobileオンラインショップ

  • JCBギフトカード3,000円分プレゼント!
  • データ専用SIM(高速・無制限)が申し込める
  • iPhoneSE 32GBが実質0円で購入できる

\ 今だけの期間限定キャンペーン /
UQモバイル正規代理店限定!

  • 現金最大13,000円キャッシュバック!
  • プランMもしくはL契約で初期費用が無料
  • UQモバイル正規代理店限定のキャッシュバックキャンペーン!