乗り換え前に確認を!?SIMロックの解除条件や注意点を解説!

格安モバイルサービスへの乗り換え方法を調べていると「SIMカード」「SIMロック解除」といった用語をよく目にします。

「難しいから関係ないや」「とりあえずSIMカードを買えばいいんでしょ」など、これらの用語をあまり理解しないまま乗り換えを進めようとしている方もいるのではないでしょうか?

何の知識もなしに乗り換えを進めると

  • SIMロックが掛かっていて使えなかった
  • SIMカードが対応していなかった

などのトラブルになりかねません。

ここではSIMカードやSIMロックについての基礎知識、SIMロック解除条件や注意点を解説していきたいと思います。

SIMカードについて

普段目にすることはありませんがスマートフォンの中には「SIMカード」と呼ばれるICチップのようなものがはいっています。

スマートフォンにこのSIMカードをセットすることで電話やデータ通信(インターネット)などのモバイルサービスが使えます。

SIMカードには契約者を識別するための固有番号や電話番号といった情報が登録されており、この情報を元に利用者を特定し、利用料金を請求できる仕組みになっています。

なのでスマートフォンだけを所持していてもモバイルサービスが使えません。SIMカードをセットすることで電話やデータ通信などの機能が使えるのです。

このSIMカードは自分で取り外すことができ、他社のSIMカードと入れ替えることができます。

最近よく聞く「格安SIM」とは格安で使えるモバイルサービスのことです。自分のスマートフォンに格安SIMをセットすることでスマホを安く使おうとしている動向が高まっています。

これまで月に7,000円~以上支払っていたスマホ代が2,000円前後になるわけですから、注目が集まるのも当然と言えば当然です。

ただし、すべてのスマートフォンがそのまま他社で使えるわけではなく、一部「SIMロック」が掛かっている端末については解除する必要があります。

SIMロックについて

これは以前まで私が使っていていたソフトバンクのiPhoneですが、ソフトバンクのロゴが入ったSIMカードがセットされているのがお分かりいただけると思います。

前項と言っていることが矛盾してしまいますが、ソフトバンクのスマートフォンにはソフトバンクのSIMカードしか使えないようになっています。

例えばソフトバンクのスマートフォンにドコモのSIMカードをセットしても使えず、その逆にドコモのスマートフォンにソフトバンクのSIMカードをセットしても使うことができません。

端末を販売した携帯会社とSIMカードを発行した携帯会社を一致させることでその携帯会社のモバイルサービスが使えるのです。

この他社のSIMカードをセットしても使えない状態のスマートフォンを「SIMロック」と呼びます。

このSIMロックは顧客の流失を防ぐためや端末とSIMカードをセットにすることで、端末販売による収益を見込めるためになされた施策と言われています。

私たちが高額な端末代金を割引サービスによって安く購入できたのも、このような施策があったからこそなのです。

SIMロック解除について

スマートフォンにSIMロックが掛かっていることで、通信回線と端末販売が同じ携帯会社を契約しなければなりませんでした。

例えば「端末はこれを使いたい」けど「携帯会社はここを使いたい」と言った具合に別々に購入、契約ができずユーザーにとっては自由度が低いものでした。

総務省は2010年に通信回線の契約と端末購入の自由化を図るため「SIMロック解除に関するガイドライン」を打ち出しました。

これを受けて翌2011年にドコモは「2011年以降に販売する端末にSIMロックの解除機能を取り入れる」ことを発表、4年後の2015年ついに総務省は「SIMロック解除の義務化」を制定したのです。

これによりドコモ、ソフトバンク、auの3大キャリアのSIMロック解除に対する対応が足並み揃いました。

「SIMロック解除の義務化」によりユーザーの自由度が増したことで、mineo、Y!mobile、UQmobile、楽天モバイルなど様々な格安モバイルサービスが次々と誕生したのです。

SIMロック解除条件

これまで解説したSIMロック解除は店舗か自分で手続きすることができます。

以前まで携帯会社によって解除条件が微妙に異なりましたが、2017年12月1日の改定によりほぼ同じ条件に揃いました。

ただ、解除できるのは端末の購入者本人であったり、購入方法によって条件が違うので解説したいと思います。

解除は購入者本人のみ可能

大手携帯会社から販売されているスマートフォンを他の携帯会社や格安モバイルサービスで使うには「SIMロック解除」という作業が必要になります。

このSIMロック解除ができるのはスマートフォンを購入した本人のみで、第三者はもちろん例え家族であってもSIMロック解除ができません。

auでは以前まで本人以外でもSIMロック解除が可能でしたが、改定により解除不可能になりました。これによりau、ドコモ、ソフトバンクから販売されるスマートフォンは購入者本人のみがSIMロック解除可能になりました。

家族や友人から譲り受けたスマートフォンを使おうと考えている方もいると思いますが、譲り受ける前に本人にSIMロック解除をしてもらう必要があります。

後ほど説明しますが、既に解約済みのスマートフォンをSIMロック解除する場合、解約日から何日以内と決められています。

その日数を経過してしまった場合、解除不可能になるので注意が必要です。

乗り換え先によってはSIMロック解除なしでも使える携帯会社もありますが、まだ乗り換え先が決まっていない場合は早めに解除しておいた方が無難です。

分割払いで購入の場合

  • 端末の購入日から101日目以降で解除可能
  • 前回のSIMロック解除日から101日目以降で解除可能

端末を分割払いで購入した場合、SIMロック解除ができるのは購入日から101日目以降になります。

おそらくほとんどの方が分割払いで購入をしていると思いますので、基本的にはすぐSIMロック解除ができないと考えた方がよろしいかと思います。

どうしても他社で使いたい場合でも、購入日から101日が経過するまで待つ必要があります。

ただし、同じ携帯会社で以前にもSIMロック解除をしたことがあり、その解除日から101日が経過している場合は、端末購入後にSIMロック解除が可能です。

例えば以前SIMロック解除をした日から101日が経過していたとします。最近になって最新のiPhoneを分割払いで購入した場合、101日が経っていなくてもSIMロック解除ができるということになります。

一括払いで購入の場合

  • 端末代金の支払い確認後に解除可能
  • 端末購入サポートで購入した場合は101日目以降で解除可能

端末を一括払いで購入した場合、端末代金の支払いが確認された時点でSIMロック解除可能です。

ドコモとソフトバンクでは分割払いで端末を購入したとしても、残りの端末代金をまとめて一括払いで精算すると、その時点からSIMロックが解除できるようになります。

ただし、auの「au購入サポート」、ドコモの「端末購入サポート」、ソフトバンクの「一括購入割引」など割引サービスによって購入したスマートフォンに関しては、分割払いと同様に購入日から101日目以降でなければSIMロック解除ができません。

ドコモのみ「端末購入サポート」を利用して購入していても、解除料を支払うことで100日以内であっても解除可能になります。

一括購入でも割引サービスを利用して購入している方がほとんどだと思いますので、いずれにしろ101日目以降まで待つ必要があります。

条件としてはかなりややこしいです。

なので、携帯ショップに行って「この端末はSIMロック解除できますか?」と聞いた方が一番手っ取り早いです。

解除条件を満たしていない場合は「いつになったらSIMロック解除ができますか?」と解除可能日を明確にしておくのが良いかと思います。

ただし、お店でSIMロック解除をすると手数料(2,000~3,000円)を取られますので、聞くだけ聞いといてあとは自分でSIMロック解除をするようにしましょう。

解約済みの端末はどうなる?

既に解約した携帯会社のスマートフォンには、SIMロック解除が可能な日数が決められています。

SIMロック解除可能日数
  • au:解約日から100日以内
  • ドコモ:解約日から100日以内
  • ソフトバンク:解約日から90日以内

これらの期間を過ぎたら永久的にSIMロック解除ができませんので注意が必要です。

ソフトバンクは他社よりも10日ほど早いので、全部の携帯会社が同じ日数だと勘違いしていると解除可能日を過ぎてしまう可能性があります。

家族や友人などからスマートフォンを譲り受ける場合は、譲り受けることが決まった時点で早急にSIMロック解除をしてもらった方が良いかと思います。

中古端末のSIMロック解除も本人のみ

中古として出回っている端末の中には、SIMロックが掛かった状態の端末も当然あります。

前述のようにSIMロック解除は端末の購入者本人しかできないので、中古端末を購入しても第三者ではSIMロック解除ができません。

何も知らずに通販ショップやメルカリなどで端末を購入すると、SIMロックが掛かった状態の端末を購入してしまう可能性があります。

中古端末を購入する場合は、商品説明欄に「SIMロック解除の有無」の記載があるはずなので確認し、もし記載がなければ出品者や店舗に問い合わせてみてください。

乗り換え先によってはSIMロックが掛かっていても大丈夫

もし仮にSIMロックが掛かった端末を購入してしまった場合でも、通信回線が同系列のモバイルサービスを選ぶことでSIMロック解除なしで使うことができます。

多くの格安モバイルサービスは大手携帯会社の通信回線を間借りしてモバイルサービスを提供しているため、同じ通信回線を利用している会社であればSIMロック解除なしで使うことができます。

例えばmineoはドコモ回線とau回線の2つを借りて運営しているので、au、ドコモのスマートフォンであればSIMロック解除なし使うことができます。

各モバイルサービスは以下の通信回線を借りて運営されています。

 ソフトバンク系回線  au系回線 docomo系回線
 U-mobile  mineo mineo
 llJmio llJmio
 UQ mobile 楽天モバイル
イオンモバイル
LINEモバイル
BIGLOBE
FREETEL
OCN モバイル ONE
DMMモバイル
U-mobile
NifMo

docomo系のモバイルサービスが多い傾向にあるので、ドコモのスマートフォンをお持ちの方は選択の幅が広がります。

仮に中古端末を購入しようと考えている方はドコモのスマートフォンを基準に考えても良いかもしれません。

auのVoLTE端末でVoLTE機能を使うにはSIMロック解除が必要

VoLTE」とはLTEを活用した音声サービスのことで、高音質な通話、通話をしながらデータ通信(インターネット)などができる音声通話システムです。

このVoLTEには「docomo VoLTE」と「au VoLTE」の2種類があります。

ドコモのVoLTE対応端末はVoLTE機能に対応しているモバイルサービスが多いのでそのまま使うことができます。

しかし、auのVoLTE対応端末はauの通信回線を借りて運営しているモバイルサービスであってもVoLTE機能が使えません。(3G回線しか使えない)

auのVoLTE端末でVoLTE機能を使うにはSIMロック解除が必要になります。

なぜ同じ通信回線を使っているのに何故SIMロック解除が必要かと述べますと、それはKDDIの見解にあります。

通常SIMロック解除ができるのは端末の購入日から101日目以降と定められていますが、同じ通信回線を使うモバイルサービスであれば解除なし使うことができます。

この解除無しでも使うことができる状況が「不公平」というのがKDDIの主張でした。簡単に言ってしまえばKDDI側の独自の規制と言うべきでしょうか。

なので同じ系列であるUQモバイルでもVoLTE機能を使うにはSIMロック解除が必要になるのです。

また乗り換え先でも「VoLTE対応SIM」を選択する必要があり、VoLTE非対応SIMでは使うことはできません。

auのVoLTE端末でVoLTE機能を使う際にはSIMロック解除をしましょう。

auのVoLTE対応端末をUQモバイルで使うにはSIMロック解除が必要!?

2018年2月16日

まとめ

SIMロック解除の条件や注意点について解説しました。

SIMカードはモバイルサービスを利用するうえで必ず必要になります。

格安SIMの登場によりスマホ代安くなったり好きな携帯会社が選べたりとユーザーにとって自由度が増しました。

しかし、なんの知識もないまま乗り換えをすると「SIMロックが掛かって使えない」「端末が対応していなかった」などのトラブルにもなりかねません。

格安モバイルサービスへの乗り換え前は、SIMカードに関する知識を少しでも頭に入れて乗り換えを進めていきたいところです。

\ 【UQmobile公式サイト】/
UQmobileオンラインショップ

  • JCBギフトカード3,000円分プレゼント!
  • データ専用SIM(高速・無制限)が申し込める
  • iPhoneSE 32GBが実質0円で購入できる

\ 今だけの期間限定キャンペーン /
UQモバイル正規代理店限定!

  • 現金最大13,000円キャッシュバック!
  • プランMもしくはL契約で初期費用が無料
  • UQモバイル正規代理店限定のキャッシュバックキャンペーン!